スマホメニュー

各部門のご案内

放射線科

 

当院では、放射線を使った検査として、主に一般撮影、透視検査、CT検査、骨塩定量検査を行っております。
富士フィルムの医用画像情報システム(PACS)である「SYNAPSE」を導入し、日々蓄積される膨大な画像情報の中から、診療に必要な情報を効率よく高精細な液晶画面に即時に高速提供できるシステムを使用しています。このシステム導入により画像到達の即時性によって患者様の待ち時間を大幅に短縮し診療において効率化をはかることやコスト削減などの効果が図れます。

 

 

1.一般撮影

胸やお腹、手足や腰の骨の撮影をする検査です。撮影後すぐに写真ができあがりますので、そのままお待たせすることなく診察時に結果を知ることができます。

 

2.透視検査

胃や腸、関節などをビデオカメラのように動いた状態で観察する事ができます。主な検査内容を紹介します。

 

2-1.イレウス管挿入
腸閉塞の患者様の治療のために透視下で腸の中にチューブを入れていきます。

 

2-2.胃透視検査
バリウムを飲みながら撮影を行います。胃潰瘍や胃がん等を調べるのを目的とした検査です。

 

2-3.注腸検査
大腸に造影剤を注入しながら撮影を行います。大腸がん等を調べるのを目的とした検査です。

 

3.CT検査

頭や体の輪切りの写真を撮影する検査です。一般撮影よりも詳しい情報がわかります。
主な検査内容を紹介します。

 

3-1.頭部CT検査
患者様の頭の部分を撮影して、輪切りの断面像を作成します。脳出血や脳梗塞等を調べるのを目的とした検査です。

 

3-2.胸部CT検査
患者様の胸の部分を撮影して、輪切りの断面像を作成します。肺炎や肺がん等を調べるのを目的とした検査です。

 

3-3.腹部CT検査
患者様のお腹の部分を撮影して、輪切りの断面像を作成します。肝臓や腎臓など、お腹の中にある様々な臓器を調べるのを目的とした検査です。

 

エックス線CT装置

1-001
4.骨密度測定検査

体の骨が丈夫かどうかを調べる検査です。体の骨は、加齢や生活習慣の悪化に伴い少しづつもろくなっていきます。もろくなってきた骨は、少しつまずいただけでも骨折しやすくなり、こうした病気のことを骨粗鬆症と言います。特に女性は、男性と比べて女性ホルモンの関係で骨粗鬆症になりやすいと言われています。骨塩定量検査を受ける事によって、自分の骨がどの程度丈夫なのか、同年齢の人と比べてどうなのかなどを知る事ができます。
 
骨塩検査機器

X線骨密度測定装置

トップページへ